【土地購入】土地を選ぶ時は、必ず建築会社に土地を見てもう

DSC_3720

こんにちは!

今日、11月18日は「いい家の日」だそうです。

なんでも、11(いい)18(いえ)という語呂合わせからきているようです。

「え」は、8=エイト から連想しているので、ちょっと一瞬悩んじゃいますよね汗

せっかくの「いい家の日」記念日なので、自分にとって本当にいい家とは何か考えてみましょう!

最近「◯◯の日」といった記念日を調べるのが好きな マルキ です。

今回は、土地探し→土地購入にいたるまでのお話です。

土地を決める時は、自分たちだけで判断すべきでもなければ、不動産屋さんに相談すべきでもありません。

というのも、あなたも不動産屋さんも建築のプロではないため、

その土地が予算的にも建築的にも、いい土地かどうかがハッキリと分からないからです。

つまり、土地の良し悪しは、建築とセットで考えないといけないというわけですね!


土地を選ぶ時は、必ず建築会社に土地を見てもう

ffbbc757ea16b7cda7c6554e4ae51054_t

では、建築会社に相談しないまま土地を決めてしまった場合、

一体どういうことが起こってしまうのか、具体的にお伝えしていきたいと思います。

まず、一番みんながやってしまう失敗が、土地にお金を使い過ぎてしまうことです。

結果、肝心要の建築の予算が減り、あなた自身も困るし建てる側の建築会社も困ります。

あるいは、建築コストも抑えなかったとしたら、住宅ローンにそのしわ寄せが来てしまいます。

そのため、家を建てることを決めた時、真っ先に不動産屋に行くのではなく、

その前に建築会社に行って、土地にかける予算がいくらなのかと

家にかける予算がいくらなのかを試算してもらった上で、土地探しを始めてもらえたらと思います。

この流れで土地探しを始めた場合、もしかしたらあなたが望んでいるような土地を

買うことが出来なくなるかもしれません。

一般的にいい土地だと言われている、「南向きの土地」や「形がいい土地」などです。

しかし、設計とは、『土地が抱える問題を解決する手段』です。

言い換えると、家は土地の環境に合わせて、間取りや外観をつくっていくものであるため、

たとえ日当たりが悪そうな土地だとしても、設計次第で明るくて開放的な家をつくることも出来れば、

たとえ形が悪い土地だとしても、土地に合わせて設計さえ出来れば

とっても住みやすい家をつくることも出来るということです。

つまり、建築会社の視点としては、家の良し悪しは土地の良し悪しに左右されないので、

土地の選択肢を無闇に狭める必要はないということです。

ですので、土地を選ぶ時は、必ず建築屋さんに土地を見てもらい、

土地の良し悪しをアドバイスしてもらってください。

これが予算に支障を生じさせない最良の方法です!


予期せぬ費用が発生!?

depositphotos_27926797-stock-photo-new-house

続いて起こりがちなことが、『そんなの聞いてなかったよ・・・』というような

予期せぬ出来事が発生してしまうことです。

例えば、土地の値段が安かったとしても境界が不明解な場合、境界確定をしないといけないのですが、

契約上その費用負担をあなたがしなければいけないとしたら、

予期せぬ出費に頭を悩ませることになるかもしれません。

あるいは、水道が引き込まれておらず、その工事費用が別で必要だと分かっていたとしても、

前の道路にも水道がなかった場合、途方もない費用が発生してしまい、

予期せぬ出費に頭を悩ませることになるかもしれません。

あるいは、土地が低いため土地を高くしたいと思っていても、

現状の土地の高さより30cmを超えて土を盛ろうとしたら、

開発許可申請が必要になるし、それを超えてもっと高くしようとすれば、

土がはみ出ないようにするために擁壁をたくさんつくらざるを得なくなりさらなる出費を生むし、

それに加えて盛り土費用まで発生するので、ウン百万単位の費用が発生することになってしまうかもしれません…。

ですので、そんな事態を招かないためにも、先に建築会社を決定しておくことをオススメしています。

理由は、任せてくれるかどうか分からない状態では、建築会社もこういった土地に関しての

細かい調査をしてくれる専門業者さんに仕事(調査)を依頼しにくいからです。


さいごに

096

建築を任せてくれることが決定していれば、きっと具体的なプランに入る前に綿密に土地について調査して、

その費用も考慮した上で建築予算を導き出してくれるでしょうし、

その予算に合わせた聞き取りやプラン提案をしてくれるはずです。

とにかく、家づくりで大事な予算で失敗しないためにも、土地と建物を分離して考えないこと、

そして、建築会社に土地を見てもらっていない状態で、土地を決定しないようにしていただけたらと思います!

あなたの大切な時間を割き、お読み頂きましてありがとうございました!

一覧へ戻る