【外構工事】予算を大きく狂わさないために知っておくべき3つのコト

DSC_6467


こんにちは!

朝ドラ「舞いあがれ!」の航空学校編、これまでの流れと微妙に雰囲気が異なってますが

毎回かかさず見ています。

前作の朝ドラが「んんん?」の連続だったので(苦笑)、、、

安心して見る事ことができるドラマって、いいですね!

なにわバードマンの由良先輩が好きな マルキ です。

今回は、「外構工事の予算を大きく狂わさないために知っておくべき3つのコト」

についてお伝えしていきたいと思います。

外構工事にかかるコストは、建てる家や土地の状況によって大きく異なるのですが、

その相関関係をよく理解してないまま家づくりを進めてしまうと、

終盤で家づくりの予算が大きく狂ってしまうことになります。

その結果、泣く泣く貯金を切り崩すか、親に泣きついて援助してもらうか、

中途半端な状態で放置するか、の選択を迫られることになります。

そのため、後からそんな悲惨な状態にならないためには、

外構工事のことまで考えて、予算、土地、家の計画を立てていかなければいけません!


外構工事3つのポイント

DSC_7827

■①土地は広くしない

当たり前のことですが、土地を広くすればするほど、外構工事は高くなります。

ですので、新たに土地を買うにせよ、田んぼや畑を造成するにせよ、

出来るだけ土地は小さくすべきです。

ですが、いざ土地を探し出すと、更地の状態の土地は狭く感じてしまうがゆえに、

土地を広げようとしてしまいます。

また、田んぼや畑を造成する場合は、「せっかくなので広めにしておこう!」となりやすく、

意味なくだだっ広い土地をつくってしまいがちです。

その結果、工事面積が広がり、想定以上の工事見積もりが出てきて、後からビックリってことになるわけです。



■②土地に合わせて家を建てる

土地を広げ過ぎると外構工事面積が広がるのと同じように、

土地に余白をつくり過ぎるのも、外構工事面積が広がる原因となります。

例えば、土地面積が60坪もあれば充分平屋を建てることが出来るのですが、

多くの方が当たり前のように、この広さの土地に総二階建ての家を建てようとします。

もし、30坪の平屋を建てれば、外構工事面積は残りの30坪だけで済むのに、

ここに上下15坪ずつの2階建てを建ててしまったら、さらに15坪分外構工事面積が増えることになりますよね?

もっと酷いのは、平屋を建ててもまだ余り過ぎるぐらい広い土地であるにもかかわらず、

総二階建ての家を提案することです。

おそらく、これはそうした方が家のコストが安くなるからそういう提案をしているのだと思いますが、

そうすることによって、安くなった家のコスト以上に外構工事のコストがかかってしまうとしたら、

それって全く意味がないって思いませんか?


■③家と外構は必ずセットで考える!

最後に覚えておいていただきたいことがこれです。

例えば、弊社のお家は見た目がオシャレなので、庭に華美な装飾を加える必要もなければ、

防犯性とプライバシー性に配慮した住まいになっているので、目隠しや塀や植栽などをする必要もありません。

その結果、最低限の外構工事だけしておけばいいので、工事費用も最小限に抑えられます。

失礼な言い方にはなりますが、見た目がオシャレじゃないお家は、

庭に装飾を施すことによって、それをカバーしないといけません…。

また同時に、防犯性とプライバシーが担保されていないお家は、

目隠しや塀や植栽などによって、そのどちらも補ってあげないといけません。

となると、外構工事にかかる予算は、最低でも2倍は違うし、

場合によっては3~4倍のコストがかかることも決して珍しくありません。

ですので、外構工事のコストは、建てる家によっても違ってくるということも

建てる前に覚えておいていただければと思います。


さいごに

depositphotos_27926797-stock-photo-new-house

この3つを意識しながら家づくりを進めていただければ、

家づくりの終盤に行う外構工事の予算が大幅に狂うことはまずなくなると思います!

その結果、資金計画で決めた予算から大きく懸け離れることなく

家づくりをやり遂げることが出来、スッキリした気持ちで後々暮らしていくことが出来ます。

ですので、これから家づくりをするあなたは、この3つの基本に従って家づくりを進めていただければと思います。

あなたの大切な時間を割き、お読み頂きましてありがとうございました!

一覧へ戻る