【家づくりの予算】単純に家を安くするだけではダメです

DSC_3707

こんにちは!

本日、10月21日は「ラブライブ!」μ's、絢瀬絵里ちゃんの誕生日です!

何でもカンペキにそつなくこなすのに、たまに抜けてるところが可愛らしい、エリーチカですね。

辛い時は、えりちの歌唱に励まされてきた マルキ です。

今回は、とっても重要な「家づくりの予算」について考えてみたいと思います。

家は持った方がいいと思うものの、そこにかけるコストはよ~く考える必要があります。

理由は、目下の暮らしにゆとりを持たせるためではなく、

不透明な将来に向けて、十分な準備をしていくためです。

前々回リアルな数字を当てはめてお伝えしたように、

家づくりへのお金のかけ方次第で、老後資金が2000万円以上変わってくるかもしれませんからね!

ですので、今回は家づくり予算の合理的な圧縮方法について

ダイジェスト的にお伝えしていきたいと思います。


4つの家づくり予算を圧縮する方法

3dcba7bce5534b301f4344e902892ff9_t

家づくり予算を圧縮する方法は大きく分けて4つあり、この4つを全て実践しなければいけません。


■①家をコンパクトにする

これは最も基本的なことです。

家のコストは面積に比例するし、そもそも家のコストをカットしないことには、

予算圧縮なんて絶対に無理ですからね。

とはいえ、これの難しいところは、面積カットのやり方を間違えると、

とんでもないぐらい狭苦しくて、とんでもないぐらい住みにくい家になってしまうところです。

ですので、面積カットを実現するためには、いらないものだけを抽出し、省くようにしないといけないのですが、

実は、これさえ出来れば、実はあなたが考えているよりも10坪近い小さい面積で、

充分暮らしやすい家を建てることが出来ます!


■②土地もミニマムにする

そもそも土地が広いと、その分土地代が高くなってしまいますからね。

さらに、土地が無駄に広いとその分余白が出来てしまいます。

つまり、外構工事が必要以上に高くなってしまうからです。

また、土地が広くなると、外構工事というイニシャルコストとともに、

固定資産税という生涯必要なランニングコストも、高くなってしまいます。

つまり、これは老後資金をさらに圧迫する原因となってしまうというわけですね。


■③敷地に余白をつくり過ぎない

先程はそもそも土地を広く買い過ぎないという意味合いでしたが、

これは土地をミニマムにした上で、さらに余白を最小限にするという意味合いです。

簡単に例を挙げるとするなら、平屋が充分建てられるにもかかわらず、

わざわざ2階建てを建てないといった感じでしょうか。

敷地に余白がなくなれば、その分、庭の維持管理も楽になるし、

なにより、外構工事費用を圧縮することが出来ますからね!

敷地を有効活用することは予算面においても、とっても大事だということですね。


■④土地の向きにこだわらない

みんな南向きの土地に固執しますが、南向きだって100%の土地ではありません。

理由は、南向きの土地に建っている家をご覧いただくと一目瞭然です。

カーテンがずっと閉まっているし、間取りもすぐ分かるし洗濯物は丸見えだし、という感じじゃありません?

つまり、防犯、プライバシー、デザイン、この3つ全てが悪くなりやすいのがこの南向きの土地なんですよね。

そして、この3つを少しでも良くするために、外構工事により多くのお金をかけざるを得なくなってしまいます。

そもそも土地代も高いですよね。

つまり、土地の選び方によって、土地代だけではなく、外構代も変わってくるという話です。


さいごに

DSC_2541

これまでお伝えしてきたように、家づくり予算を合理的に圧縮するためには、

単純に家を安くするだけじゃダメで、土地、外構費用も同時に安くしないといけません。

そして、そのためには、まずは自分にとって適切な家の広さとその概算予算を知らなければいけません。

それが分かれば、それに必要な土地に広さが分かるし、そうなれば自ずと、

土地にかけるべき予算も明確になります。

というわけなので、家づくりをする時には、まずはそれを知ることから始めてください!

そして、合理的に家づくりの予算を圧縮し、

そこで浮いた費用を将来に向けてコツコツと投資していってもらえたらと思います!

あなたの大切な時間を割き、お読み頂きましてありがとうございました!

一覧へ戻る