【外観】もう躊躇しない!白い外観を美しく維持する方法とは!?

IMG_5659_02

こんにちは。

もう12月だけど、日中は暖かくて過ごしやすいけど・・・。

やっぱり朝は寒くて。

まったく布団から出れない タカシマ です。

二度寝の誘惑に負けそうな毎日です。(笑)


今回は「白い外観を美しく維持する方法」を紹介します。


僕は白い外壁材も多く提案させて頂いてます。

提案した時には・・・

うわ~、白い外壁って素敵やな!!でも・・・。これって汚れは大丈夫なの??

これは、誰もが思うこと。

でも、白い外観が綺麗に維持できたら??どうでしょうか??

外観を選ぶ時の選択肢が大きく変わりますよね!?

そんなコツを少し紹介します。

【外観】もう躊躇しない!白い外観を美しく維持する方法とは!?

IMG_3697

僕が白い外壁材をオススメする理由。

それは、凄い綺麗だし、美しく仕上がるから。

このイメージも素敵ですよね!!

ただ、白い外壁材は美しいだけじゃなくて、色々な効果も期待できます!!

白は熱を吸収しにくい効果もあるし、光を拡散する効果も発揮します。

光を拡散すると、家の中にも光が届きますし、家全体がまんべんなく明るくなる。

このような効果も期待できるんですね!!

デザインだけで外壁材を提案している訳じゃないんですね。



でも・・・

やっぱり汚れるやん・・・


白にも欠点があるのは確かです。

この欠点があるから白を諦める方も多いのも事実。

なので、白色に対しては良いイメージってありませんよね。

どうやったら白い外壁材を使えるののか??


それは、外壁を汚す原因を排除する


これだと思います。

家の正面が汚れると気になるし、家も汚れて見えちゃいます。

なので、必然的に「そろそろメンテナンスが必要かな」って思うように。

そんな外壁の汚れ、痛みを狙って、リフォーム業者の訪問営業がピンポンを押してきます。

結果的に、メンテナンス周期が早くなり、余計な出費がかさむ可能性も高くなるんですね。


家を汚す原因。それは「窓」です!

IMG_8339-Edit

えっ!?窓??

って、思いますよね。

でも、家の外観を綺麗に維持する為には凄い重要なんですね。

窓は外壁から突き出して設置されてます。

その突き出した部分に「土ほこり」が溜まり、雨をつたって汚れとなり、窓の両サイドから流れます。

これを「雨垂れ」っていいます。

あなたも見たことがありませんか??


さらに、屋根の先に設置する雨どい。

雨どいも家の正面には設置しません。

その理由ですが、雨どいから漏れた「汚れを含んだ水」が外壁を伝って、窓の汚れと同じように外壁を汚します。


その他にも、キッチン、洗面、トイレ、お風呂、に設置する換気扇のカバー。エアコンの配管。

これは、正面にあるとオシャレに考えた外観も残念な感じになるし、汚れの原因にもなるので!!

正面には設置しないように設計しています。


ただ、これらの要素は平面図だけを見ててもイメージがわきません。

さらに立面図にも記載されてない場合もあるので。

ここが難しい部分ですよね。汗


なので、完成した家を見て・・・。

ええーーー!!あれ何なんーーー!!

って、なる事もあれば。

エアコンの配管ってここに来るの・・・。

って、入居して気が付くことも・・・。


汚れにくくする工夫

この考えが凄く大事だと思うんですね。

汚れない!!

じゃなく。

汚れいくい家にする。

風雨にさらされてる以上、家は必ず汚れます。

これは、どんな外壁材を使っても同じです。

汚れない。って家は無いんですよね。


でも、汚れにくい外壁材を使う。汚れの原因を排除する。

このような工夫で限りなく汚れにくい家は可能です。


弊社では、メンテナンスしやすい外壁を使ったり、耐久性の高い外壁を使ったり、汚れの原因となる部材をなくす事で「外壁が汚れにくい家」を提案しています。

そして、その結果。

家の外観デザインはシンプルに美しく。

同時に、その美しさを長期間維持しやすくなる。

このような相乗効果を生みます。

いかかがでしたか??

もしも、白い外壁が希望の方は参考にして下さいね!!

そして、美しく、美しい外観を維持しやすい家にしたい!

って、思う方はいつでもご相談下さいね。

一覧へ戻る