家の正面に窓を計画しない本当の理由とは!?

IMG_5659_02

こんにちは。

今日は2年ぶりにゴルフに行ってくる タカシマ です。

昨日は練習に行こうと思ってたのに行けず・・・。

そして、今日も朝か仕事をしてるという。汗

不安だけど・・・。ぶっつけ本番で行ってきます!!


simplenoteの家づくりの大きな特徴。

それは、家の正面には「窓」を計画しません。

さらに、細かく言うと、窓だけじゃなくて、キッチン、お風呂、トイレの換気扇、エアコンの配管、そして、雨樋も正面には計画しないんですね!

えっ!?

でも、窓がデザインになる場合もあるよね!?

そう。

確かに、そんなケースもあります。

それでも、余計な部材は正面には設置しません。

何故なのか??今回はその理由を紹介します。

家の正面に窓を計画しない本当の理由とは!?

IMG_3697

正面に窓を設置しない最大の理由・・・。

それは・・・。

家の中の明るさを十分に確保するため

ここなんですね!!

えっ!?窓が無いのに!?

そうなんです。

あなたは窓の役割って何だと思いますか??

光と風を家の中に取り込む。

これが窓の役割ですよね。

しかし、正面に窓を作りすぎても、または大きな窓を設置しても、たくさん光は入ってきません。

残念だけど・・・。

その理由は、家の中が丸見えになっちゃうから。

家の中が丸見えになるのを防ぐ為に、カーテンを設置しますよね。

当然だけど、視線が気になりカーテンを閉めてたら、家の中は薄暗くなるし、風通しも悪くなりますから。汗


なので、大きな窓を設置するポイント。

それは、人の視線が気になる場所には作らない。カーテンをしなくてもいい場所に窓をつくる。

ここを心がけて設計しています。

結果的に、最小限の窓の数で、家全体に満遍なく光を届けてくれる設計が可能になるんですね。


もちろんですが・・・。

敷地条件、近隣条件で窓の配置は変わります。

全く視線を気にしなくて良い土地もありますしね。

でも、共通して言える事は・・・

光の取り方は敷地に合わせて変える。

ここは大事なポイントです。

窓が無いと防犯性がアップする!?

IMG_5075-Edit

正面に窓があると、丸解りになるモノがあります。

それは、間取り。

窓の形や大きさ、高さから、どこがキッチンで、どこがリビングなのか?

お風呂の位置や、洗面、トイレ、さらには、寝室、子供部屋の位置まで解ります。

これは、泥棒も同じですよね。


間取りが解るってことは・・・。

夜になると、誰が居るのか?誰が居ないのか?

ここまで具体的に解る可能性もあります。汗

そう考えると怖いですよね。


なので、正面に窓をつくらない理由。

それは、外から見ても間取りが解らないようにするため。

ここなんですね!

さらに、日当たりが良い土地の場合には、サンルームやベランダを正面に配置したくなります。

洗濯物を乾かしたいですしね。

しかし、この洗濯物からも家族構成が解ります。

防犯的には決していい!!とは言えません。

家族構成だけじゃなく、仕事先まで解っちゃうので。汗


これから不景気になると犯罪が増えます。

少しでも防犯性能が高い家を設備じゃなく、間取りで考えているんですね。

結果的に、プライバシーが担保された、居心地の良い住まいを実現すると同時に、安心に暮らせる高い防犯性能を兼ね備える!!

そして、外観からは生活感の無い、より美しい景観を維持できるように。


いかかがですか??


窓の配置って重要だと思いませんでしか??

日々の暮らしを充実さえる為に。

防犯性能を間取りでアップさせる為に。

是非、窓の配置にはこだわって頂けたらと思います!

良かったら参考にして下さいね!!

一覧へ戻る