日当りが悪い土地でも、いい家は建つ!?

120583_m

こんにちは。

今日はオープンハウス最終日。

ご予約を多く頂きまして!

本当にありがとうございます!

参加される方にとって1つでも役に立つ1時間にしますので。

気合は入ってる タカシマ です。

あっ!!

その前に町内の人夫作業に。汗

コチラは暑さでテンションが上がりません。汗




今回は「日当たりが悪い土地でも、いい家は建つ!?」について。

土地探しをしてる時には、日当たりが悪い土地は敬遠しますよね。

たぶん・・・

誰もが敬遠するので、土地も売れないで残ってる。

しかし、この土地の日当たりを「設計」で改善し、明るい家にすることが出来たら!?

売れ残ってる土地なので、格安で手に入れる事が出来るかも!?

土地のデメリットを設計で改善する。

このような土地探しの方法もあるんですね。

日当りが悪い土地でも、いい家は建つ!?

120583_m

例えばですが・・・

2つの選択肢があります。

1つは、親が持っている土地ですが、土地が狭くて、日当たりが悪い土地。

もう1つは、希望しているエリアでの土地ですが、価格は1000万円。

単純に予算が1000万円は上がります。

毎月の返済で考えると、月々は3万円以上に。

あなたなら、どちらを選びますか??




自己資金、年収、年齢、で判断も変わってくると思います。

個人的には・・・

新しい土地を1000万円もかけて買う必要は無い。

って、考えています。

親の土地が狭くて、日当たりが悪かったとしても。




親の土地は、間口は広いけど奥行きが浅い。

さらに北向きの50坪の土地。

南には家が建ってるので、敷地の多くが影になっています。

パッと見た瞬間は・・・

「うわ~、微妙だな~」

って、思うはず。汗

リビングが南にあっても意味がない!?

南側に建つ家の影響で、リビングを南側に配置しても全く意味がありませんよね!?

だって、影の影響を受けるわけなので。

だったら、そんな場所にリビングを配置しなければOKなんですが。

多くの方は、その選択肢を使いません。

なので、日当たりの悪い土地を避け、南向きの土地のように、日当たりの良い土地を購入します。

しかし、南向きの土地にもデメリットがあります。

それは・・・

家の中の丸見え問題。

南向きに設置した窓から、家の中が丸見えになります。

それを、解消する為にカーテンを設置するんですが・・・

家の中は薄暗く、照明無しでは暮らせません。

これは困る!!

そして、フェンスや、植栽を植えて、目隠しをするんですが、コチラも多額の費用が必要です。

つまり土地代以外にも、家や外構に必要な費用が増える結果に。

毎月の返済負担が3万円じゃなく、4万円、5万円にもなる可能性があるんですね。

別の土地を買っても、設計の考え方を変えないと、意味がなかったりもしますので。

重要なポイント「この土地をどう生かすのか!?」

50坪の土地に家を建てる時には、必然的に2階建てになります。

となると、明るさ、開放感、プライバシー、防犯、家事動線、などには、十分に配慮が必要です!

リビングが散らかりにくくなるには!?

家事動線を良くする為には!?

明るく、開放感のあるLDKにする為には!?

そして、家づくりはイニシャルコストだけじゃなく、ランニングコストも同時に考える必要があります。

生涯払い続ける電気代、外壁のメンテナンス代、固定資産税など。

これらのコストが上がれば、必然的に負担も上がっていきますので。

やはり、豊かな人生を歩む為には、余裕も必要になりますので!!

良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る