【家づくり】家の知識も大事だけど、お金の知識も大事になる理由

4482331_m

こんにちは。

コンビニで入れば必ず買うモノがあります。

あなたにもありますよね!?

僕は・・・エナジードリンク。(笑)

1日に1本は飲んでます。

エナジードリンクを飲んで元気になった気分になってる タカシマ です。

不思議だけど気分的に違うんですよね~。


今回は「住宅ローンの選び方」について紹介します。

住宅会社や、土地を選ぶ時ってどうでしょうか??

かなり迷いますし、凄い考えて決定しますよね。


では、住宅ローンはどうですか??

友達が○○銀行だったから。

引き落とし口座が□□銀行だから。

住宅会社に△△銀行を勧められたから。

このような理由で住宅ローンを決める方が非常に多いんですね。


本当は、土地よりも、家よりも、家づくりで最も金額が高くなるのが住宅ローンなのに。

なので、大切な住宅ローンは冷静に比較して選んで欲しい。って思ってます。

それが、あなたの家族を守ることになるので!!


さらに、住宅ローンを利用して家を建てると「住宅ローン控除」が利用できます。

所得税と住民税が控除される仕組みです。

このような制度はフル活用した方がいいですし、同時にiDeCoを併用することもオススメしています。

節税効果を利用して、将来の為に合理的にお金を貯めていくのがベスト。

家づくりの知識ももちろん大事だけど、同時にお金の知識も必要不可欠なんですね!!

今回はiDeCoについて紹介します。

【家づくり】家の知識も大事だけど、お金の知識も大事になる理由

4482331_m

例えば、同じ金額を住宅ローンで借りるとします。

金利が違えば、支払う利息も大きく変わります。

住宅ローンは元金が大きいので、低金利だと言われてるけど利息の影響は大きく受けます。

仮に3000万円を35年返済で借りた場合を比較してみましょう。


✓35年間の金利:1.4%固定金利

毎月の返済額:90.392円

35年間の総返済額:37.964.849円

総支払金利:7.964.849円


✓1~10年の金利0.8% 11~35年目の金利1% 

毎月の返済額 1~10年 81.918円  11年目~ 88.534円

35年間の総返済額 35.191.582円

総支払金利 5.191.582円


このように2つの住宅ローン商品を比べてみました。

住宅ローンという枠では同じですよね。

しかし、選ぶ住宅ローン商品によって支払利息が大きく変わります。

今回の比較だと・・・約270万円近くも変わるので。汗

かなり大きいですよね。


ポイントはコチラ。

2番目の住宅ローンを知っていたかどうか??

ここが大事になります。

知らなかったら・・・そもそも選ぶ事ができないので。汗

iDeCoを併用して上手に節税する

さらに、住宅ローン控除も考慮しましょう。

夫婦2人の名義で借入をしつつ、iDeCoにも加入すると大きな節税効果が期待できます!!

このiDeCoの存在を知らないで、簡単にローンを借りると大きな差異が生じますので。


仮に、30歳で年収が300万円の夫婦。

3000万円を35年返済。金利は1%で借りたとします。

今回は解りやすいように、給料の変動は無し。

年間の所得税6万円。住民税を12万円とします。


夫婦が共有名義でiDeCoを活用した場合

iDeCoに月々1万円で60歳まで加入

13年間の住宅ローン控除:約300万円

iDeCoによる30年間の控除総額:約100万円

合計の節税額:400万円


夫のみの単独債務 iDeCo加入無し

13年間の住宅ローン控除:約230万円


このように同じ借入額だったとしても、借りる方法で手元に残るお金も違ってきます。

家族の収入や家族構成によっても、もちろん変わってきます。

しかし、知ってるか?知らないか?だけで、数百万の違いが生じるとしたら!?

あなたはお金の知識をつけないで家づくりを進めますか??

一番大事なポイント!正しい予算を設定する

c081e45d8bd710fba7db3c2de7f4d3d4_t

いくらお金の知識をつけたとしても・・・

身の丈以上の住宅ローンを借りてしまうと、生活が苦しくなりますし、豊かな暮らしから離れていきます。

僕が一番大事だと思うこと。

それは、予算の設定を間違えない!!

ここですよね。


仮に、資金計画の結果。

あなたにとって理想の予算は2800万円だとします。

その予算の中で土地を選び、その予算の中で家を建てるべきです。


でも、多くの方が簡単に予算を超えて家づくりをします。


仮に400万円の予算を上げて家づくりをすると、それだけ自由に使えるお金が減るってこと。

そこに住宅ローンの金利も乗っかってくるので。

さらに、選ぶ住宅ローンを間違えた場合には・・・

400万円以上が軽く変わってきます。


家を建てる時の要望や希望も、もちろん大事なんです。

それと同じくらいに、家を建てた後の生活も大事にして欲しい。と思います。

子供たちの教育資金、自分たちの老後、家族との旅行など。

将来の不安を解消しながら、合理的な家づくりを計画して頂ければと思います。


良かったら参考にして下さい!

一覧へ戻る