平屋が注目される理由を考えてみました!!

IMG_5749

こんにちは。

5月から完成見学会を開催する小松市の現場。

家づくりで最後になる外構工事の打合せでした。

時間が経過するのは早いもんでして・・・。

土地探しから一緒にやってきた「打合せ」も最後だと思うと・・・

少し寂しい タカシマ です。

オーナー様は完成に向けて忙しいので、感傷的じゃないけどね。(笑)



そんな僕が紹介するのは「平屋が注目される理由」を紹介しますね!!

僕が家づくりに携わってるお客様、そして、プラン提案のお客様、相談を受けてるお客様。

たぶん、9割は平屋住宅になります。

なぜ!?ここまで平屋住宅に注目が集まるのか!?

僕も不思議でして。(笑)

って、のは冗談で。

お客様に伝えてる平屋の魅力を紹介しますね!!

平屋が注目される理由を考えてみました!!

IMG_9790-Edit

家づくりを考える多くの方は、2階建てから家づくりを始めます。

そして、1階は家族が集まるスペース、2階はプライベートスペース、を計画します。

これも1つの方法です。

しかし、この考え方はリビング、ダイニングが片付かない原因にもなります。汗



なんで汚れるのか!?

それは、2階にモノを持って上がるのが面倒だから・・・。

子供にとっても、自分にとっても。(笑)



また、小さな子供たちは、お母さんが近くにいないと心配です。

うちの息子。はるぽんも同じでした。

7歳になると、そんなもんですが。(笑)

小さな時は、ママにべったり。



結果的に、LDKは息子のオモチャが散乱し、全く片付かない家に・・・

僕も同じでしたが、家を建てた多くの方が困ってる現実です。



これを解決する1番の方法。

それが、平屋を建てることなんですね。



平屋になれば、必然的に子供部屋を1階につくります。

さらに、子供部屋だけじゃなく、収納、寝室も全て1階につくります。

子供部屋は子供だけの部屋じゃない

子供部屋って、呼び方がナンスセンスかもしれません。

だって、子供部屋を使う期間はどれくらいでしょうか??

実際は、中学、高校、または、大学を卒業するまでです。



それ以外の時期はどうでしょうか??

うちもそうですが、完全に空き部屋です。汗

7歳の息子は、夜は1人になるのが怖いので・・・

自分の部屋に行きません。

行けよ!って話ですが。(笑)



そんな、ビビリの息子も、いずれは家を出ていきます。

そしたら!?子供部屋はどうでしょうか??

完全に空き部屋になります。



そう思うと、子供部屋には可変性が必要になると思います。

ライフスタイルによって、使い方を変えれるように。



例えば、1階に子供部屋があると・・・

親御さんが泊まりに来た時の寝室になります。

来客用の為に必要な和室がいりません。

そしたら、和室をつくる費用が抑えられます。



さらに、子供が巣立った後には、夫婦で寝室を分ける事も可能です。

または、収納、書斎としても使えます。

うちの実家もそうだけど、2階に上がりたくないし・・・

完全に空き部屋になってるんですよね。



なにより、子供部屋を1階につくれば、子供は安心して遊べます。

ママが近くに感じれるから。

そうすれば、子供達は小さなうちから、自分の部屋を使いますし、自分の部屋にモノを片付けれます。

結果的に、子供のモノは子供部屋に置いておけれますし、LDKに子供のモノが減り、キレイに片付く空間に!!



子供は散らかす事が仕事。って言われます。

でも・・・。ママにとったら大変です。

片付けてや!!って、なりますし。汗

なので、散らかしっぱなしの部屋を作ってあげる。

これだけで、全くLDKのキレイさが違います!!



このように、平屋にしてあげると、1階に子供部屋がつくれます。

そこは、子供部屋としても使えます。

子供たちの収納としても使えます。

また、客間や、将来的な収納、書斎にも使えます。




これも、平屋の大きな魅力です。

目先だけじゃなく、将来も建てた家で暮らします。

子育てだけじゃなく、自分たちのために家づくりをする。

こんな家づくりも検討いただけたらと思います!!


良かったら参考にして下さいね!!

一覧へ戻る