日当たりが悪い。でも、居心地がいい間取りとは!?

4966536_m

こんにちは。

この夏は特別に暑くないですか!?

毎日、めっちゃ汗をかいてるんですが、全く痩せない タカシマ です。

運動してるわけじゃないので。

当然ですよね。笑




今回は「日当たりが悪いけど、居心地がいい間取りとは!?」について。

日当たりが悪いのに、居心地がいい!?とか・・・

本当かよ!?って、思いますよね。汗

でも、北側に道路があり、なおかつ南に家が建ってます。

もしも、南側に大きな窓を設置しても、そこからは全く光が入ってきません。

その理由は、南側の家が影をつくるから。

こりゃ~、まずい!!って、ことで東面、西面、にも窓をつくります。

しかし、この窓もカーテンが閉まってたら!?

コチラも光が入ってきません。

なので、光の取り入れ方を工夫する必要があるんですね!!

4966536_m

日当たりが悪い土地に光を入れるポイント。

それは、南側にリビングを配置する。

ここに固執しないことが大事。

南からの光を取り込む為には、南の建物から充分な距離が必要なんですね。

もしも、充分な距離を確保できれば、南側にリビングを配置する方法もアリです。




ただ、リビングの位置をずらしただけでは、充分な光を取り込めません。

その場合は「吹抜け」を検討する方法も1つ。

高い位置から取り込み光は、安定した明るさを維持できます。

さらに、空間に高さも出ますし、吹抜けの窓からは空が見えるので解放感も抜群です!




ただ、吹抜けにはメリットも多いですが、デメリットもありまして・・・

吹抜けをつくれば、少なからず耐震性は悪くなります。

なので、バランスの良い間取りを考えることが重要!!




そして、もう1つ。

吹抜けから熱が逃げますよね。

暖房は顕著で・・・上部ばかり暖かくなるので。

なので、断熱、暖房の事も考えておく必要があります。

もちろん!!

最近の家は断熱性能は抜群です!!

なので、大事なポイントは「窓」になります。

窓の性能は年々あがってきました!

でも、断熱材ほど性能がよくありません。

無駄な窓を多くつくらない。

ここが大事なポイント。




そして、家の面積を大きくしない。

ここも大事なポイントに。

廊下を無駄につくらない。

部屋数を無駄につくらない。

部屋を無駄に広くつくらない。

このような工夫です。

この方が冷暖房効果も大きくなりますしね!!

このようなことを同時に考えならが家づくりをする。

そしたら住みやすい家がつくれます。

なにより、日当たりが悪い土地には、1階に大きな窓をつくっても意味がありません。

しかし、プライバシーが担保された、居心地がいい家をつくりやすい。このようなメリットもあります。

あなたが建てる家が日当たりが悪くても、悲観的にならないで!!

設計の工夫でなんとかなりますから。

良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る