【家づくり】目先からじゃなく、ゴールから考える必要性

3255856_m

こんにちは。

最近まで半袖半ズボンで寝てた僕ですが、ついに長ズボンに。汗

もう11月ですもんね。汗

1日1日を大事に過ごそうと思う タカシマ です。




今回は「家づくりはゴールから逆算して考える」について。

例えば、土地を買おうと思ったら、土地から探します。

しかし、それだと予算オーバーになる可能性も。

土地にお金をかけ過ぎないためには、最初に資金計画をします。

資金計画によって、建物、土地の予算が決まります。

そして、土地探しをする前に、住みたいエリアの広さに合わせて、どんな家が建てれるのか?予算内に収まるのか?を先にイメージすることが大事です。




土地探しをする前に、自分たちの予算、要望で、一体どれくらいの家が建つのか??

土地探しをする前に明確になれば、探す土地も明確になってきます。

この結果、外構工事にかかる予算も最小限に抑える要素になるんですね!!

3255856_m

【家づくり】目先からじゃなく、ゴールから考える必要性

例えば、あなたが住みたいエリアで土地を探すと・・・

予算内の土地は、広さが50~60坪になります。

この土地には、どんな家をイメージしますか??

そして、家にかけられる予算は税込み2000万円。

予算が条件に入ると、さらにイメージもしやすくなると思います。




この場合だと、2階建ても可能だし、平屋を建てることも可能です。

ただ、2階建てにするか?平屋にするか?

ここで外構工事の予算が大きく変わってきます。

その理由は1階の大きさが違うので、土地の余白が変わってくるから。

さらに、どんな間取りにするか??

ここでも外構工事の予算が変わってきます。

弊社のように、一見窓が少ない家にするのと、窓が多い家にするのでは、塀や目隠しにかかる費用が大きく違ってくるからです。




これを数字に直してみると・・・

窓がたくさんある2階建ての家

家1800万円+外構200万円

窓が少ない平屋の家

家1900万円+外構100万円

といった感じです!!




そして、これをもとに、それぞれどんな家が建てられるのか?

を考えてみます。




1800万円で建てられる窓が多くある2階建て

約28坪の建坪になります。

1階(28帖):LDK16帖+タタミコーナー3帖+水回り5帖+玄関・ホール2帖+階段2帖

2階(28帖):寝室・WIC 9帖+階段2帖+子供部屋7帖×2+トイレ2帖+廊下1帖




これに比べて、1900万円で建てられる窓の少ない平屋

約25坪の平屋+中庭3坪の28坪の平屋

1階(56帖):LDK16帖+タタミコーナー3帖+水回り6帖+玄関・ホール2帖+中庭6帖+寝室 WIC 9帖+子供部屋7帖×2

このようになります。

この2つを見比べていかがでしょうか??




個人的には、平屋がいいな~。って、思います。

2階と同じ部屋数を確保しながら、全ての部屋が同じフロアにある。

ここが大きな魅力ですよね。



水回りに至っては、平屋の方がゆったりしてますし、これに加えて中庭まであります。

開放感も暮らしやすさも確実に向上します!!

そして、平屋を建てたいとなれば、この広さに合わせて土地を選ぶイメージ。

今回だと、約55坪~60坪ぐらの土地を探す感じです。



いくら価格が安いからといって、無駄に広い土地にしてしまうと・・・

外構工事の予算が狂ってしまい、結局、家を小さくせざるを得なくなってしまいます。

また、坪単価が高い土地を選んでしまうと・・・

家を小さくする。または、平屋が無理なら、2階建てになります。

階段や廊下などの余分なスペースに面積を奪われ、家か狭苦しくなります。



このように家づくりのは、土地、建物、外構、3つが密接に関連しています。

なので、全てを同時に考えながら予算を組み、進めていく必要があるんですね!!

このような進め方で家づくりができれば、無理のない予算で、住みやすい素敵な住まいをつくれます。




家づくりは予算を決めてから始める。

これは鉄板ですので!!

良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る