住宅ローンに苦しまないで家を建てることの大切さ

5184022_m

こんにちは。

髪の毛を切るタイミングが無くて、髪の毛がボサボサに。汗

家族からも不評なので、今週中には何とか美容院へ。

坊主にしたいけど、勇気が出ない タカシマ です。汗

頭がジャガイモのようなので。笑




今回は「住宅ローンに苦しまないで家を建てることの大切さ」について。

僕はこれが一番大切だと思ってます。

家を持つことで不幸になる。苦しむぐらいなら家は必要ありませんしね。

家族が幸せに暮らす、豊かに暮らす為に家が必要なわけで。

なので、僕が家づくりを提案する軸でもあります。




人生で大きな支出といえば・・・

・住宅資金

・教育資金

・老後資金

この3つだと言われてます。

なので、家づくりを考える時には同時に、教育資金、老後資金も同時に考える必要があるんですね!

つまり、目先のことだけじゃなく、少し先のことまで平行して考えて、家づくりの計画を立てる。

ここが大事なポイントに。

でも、教育資金、老後資金とか・・・

いまいち解らないし・・・

そうですよね。

全てを知っておく必要は無いんだけど、最低限の知識は知ってた方がいいと思います。

住宅ローンに苦しまないで家を建てることの大切さ

5184022_m

老後資金、教育資金、を全て伝えると凄い長くなるので・・・

今回は「教育資金」について紹介しますね!

今後の予想ですが、社会保障費や税の負担は確実に上がるでしょう。

さらに、年金問題。

年金は受給年齢が上がったり、受給額も変わるかもしれません。

そんな、厳しい現実が待っているなかでも、大学の進学率は上がってるんですね。

この厳しい家計の中で、教育資金を貯める必要があるんです。





それなら奨学金が!!って、方法もあります。

しかし、子供に大きな借金を背負わせるのも・・・どうかと・・・

子供たちの為に具体的なプランが必要です。

そもそも大学に進学すると、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか??


大学の進学と日々の生活

大学の費用は一概には言えません。

国立なのか?私立なのか?

文系か?理系か?でも違いますので。

また、県外の大学に行くとなれば、学費だけじゃなく、生活費も必要になります。

仮に、県外の私立理系大学に4年間通った場合には、いくら必要になるのか??を考えてみます。





まず、私立大学の学費に4年間で約550万円が必要になります。

そして、家賃と仕送りに10万円かかるとしたら。

学費とは別に480万円もの費用が。汗

合計すると・・・

1030万円もの費用が1人あたりに必要になります。

仮に、お子様が2人いる場合には、単純に倍ですよね。

約2060万円の費用が必要になる計算です。




1人あたり200~300万円の学資保険では、全く追いつかないんですね。

では、どうしたらいいのでしょうか??

収入面と照らし合わせて考えてみましょう。

仮に、あなたのお子様が4歳と2歳だとします。

上の子が大学を卒業するまので期間は18年間。

下の子が大学を卒業するまでの期間は20年間。

奨学金を全く利用しない場合には、約20年間で2000万円近くのお金を貯金する必要があります。

単純計算で年間100万円。汗

かなりハードルが高いですよね。




仮に、夫婦共働きで年間の手取り金額が500万円の場合だと、あなたが使える金額は約400万円。毎月に換算すると、約33万円が使えます。

もしも、夫婦の手取り金額が450万円だった場合だと・・・

年間で使える金額が350万円に。

毎月に換算すると、約29万円。

この金額の中から住宅ローンを支払い、家と車を維持し、生活をし、子供の学校や習い事、税金や保険を支払います。

どうでしょうか??

大丈夫ですか??

想像してみると、なかなか厳しいですよね。汗




なので、家を建てる前に、教育資金、老後資金に備えつつ生活をしていくには、一体どれくらい不足するのか?どれくらい大学資金を奨学金に頼らなければいけないのか?

そして、どれくらいのお金を家にかけれるのか??

ここが重要になってきますし、その予算内で家づくりをする。

それが、家族の幸せ、豊かさにつながると思います。

良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る