【予想外】後から予算オーバーになりやすい第一位!?

3818241_m

こんにちは。

この週末は、これから着工される方をメインとした見学会。

小松市で初めて建築されたsimplenoteの平屋住宅。

これからsimplenoteで建てるお客様達は実際の建物を見れるチャンスなので!

1つでも参考になるように。

持てる知識の全てを伝えようと思ってる タカシマ です!!

朝から興奮気味でして。(笑)



しっかりと資金計画もして、その予算の中で土地、建物の計画を練りに練ったし!!

これで完璧や!!

実は・・・これでも予算オーバーになる場合も。

じゃ~、どうすればいいんや!?って話ですが。汗

家を建てる前は色々と変更がきくけど、着工すると大きな計画変更は難しいですよね。

住宅ローンも借りてるし。

着工後に一番予算を変動させる工事!!それは・・・


外構工事なんですね!!


なので、外構工事の予算が膨らまないように、家づくりを計画する必要があります!!

【予想外】後から予算オーバーになりやすい第一位!?

3818241_m

外構工事の予算はどれくい考えてますか??

基本的には駐車スペースにかかる予算のみ。って方が多いと思います。

それ以外って、なかなか要望として伝えにくいですしね。

だから、最後の方になり外構工事の要望が出てくるんですね。


外構工事の予算を膨らませない為には・・・

敷地に無駄な余白をつくらない。

ここは凄い大事な部分。

余白があれば、雑草も生えるし・・・

何かしたくなるもんです。汗



余白をつくらない為には!?

そう。

2階建てありきで家を考えない。

2階建てだと、1階は小さくなるので、勝手に敷地の余白が増えますし。

なので、平屋を基本として家づくりをする。

この考え方で、敷地を有効利用していくイメージです。


例えば、あなたが家を建てる土地を60坪だとしますね。

そこに1階だけで、36坪まで建てていいとしたら。

36坪の平屋を検討してみるのも1つだと思います。


30坪の総二階の家を建てるのと、30坪の平屋を建てるのでは、敷地の余白は倍ぐらい違ってきますしね。

つまり、敷地を有効活用して、1階を大きくすれば、単純に外構費用を抑えれるようになる。ってこと。

あっ!!

あと、敷地に無駄な余白をつくらない為にも、無駄に大きな土地を買わない。

ここも大事なポイントです!

外構工事にかかる費用だけじゃなく、敷地にかかる費用も増えちゃうので。汗

さらに、イニシャルコストだけじゃなく、ランニングコスト。

固定資産税も比例して高くなります。

庭に余計な費用をかけない

3442670_m

例えば、明るさを確保する為に、日当たりの良い場所には大きな窓をつくります。

でも・・・

実際は思ったより明るくない場合がほとんど。

僕の自宅も同じです。汗



その理由は、外から丸見えになるから。

なので、視線を遮る為にカーテンを閉めます。汗

さらに、夏には厳しい日差しが・・・

その日差しを避ける為にも、カーテンが必要になったり。

でも、カーテンを閉めると、一気にリビングが暗くなる現実も。



でも、どうやったらカーテンを閉めずに暮らせるのか??



大きな窓の向こう。

そう外構に目隠しを設置する。

または、植栽、塀を利用して近隣の視線とカットする。

これで、カーテンを開けて暮らせるようになります。

しかし、この外構工事にも多額の費用が。汗

結果的に、予算が大きく狂ってしまう・・・



なので、庭に余計な工事をしなくてもいいように、敷地の余白以外にも「プライバシー」を確保する工夫が必要になります。


プライバシーが確保された家は、周囲に向かってつくる窓は、基本的に風を取り込むための窓。

小さめの窓が中心となるので、結果的に周囲からの視線が気になりません。

さらに、周囲からは間取りが全く分からない。

そして、家の外観が美しくなる。

周囲の窓を工夫するだけで、大きなメリットが生まれます。



家の外観を引き立てるような、無駄な装飾は必要なくなります。

さらに、必要最小限の外構工事だけで済みます。



どうでしょうか??


以上の3つのルールを守れば、外構工事の予算を必要最小限に抑えれますし、資金計画の時に設定した予算も大きく狂いません。

後から、予算が狂うと自己資金に頼るしかありません。

家を建てた後にも急な出費があるかも!?しれませんよね。

その為にも、資金計画を守る。

ここは家づくり基本とも言えるので。

良かったら参考にして下さいね!!

一覧へ戻る