【家づくり】理想と現実の狭間で悩む時の解決方法

22336205_m

こんにちは。

ちょっと風邪気味な タカシマ です。

いきなり寒くなったり、暑くなったり・・・

年齢を重ねると、この気温の変化に対応できなくなりますね。汗

でも、11月末はピークで忙しいので、気合と根性で乗り切ります!!



今回は「理想と取るか?現実を取るか?」について。

家づくりで究極で悩む部分ですよね。

理想を追い求めれば、予算が比例してあげっていくし・・・

とはいえ、予算だけで考えれば、自分の好きなことが出来ない。

それだと納得できないし・・・

この辺が家づくりで難しい部分だと思います。

やはり、誰にも予算があるように、あなたにも予算があるので。

家をどのように持つか??

この部分をどう考えるか??が大事だと。

個人的には思います。




持ち方を間違えると・・・

ただ、生活だけで精一杯になり、子供達の進学、老後の貯金、日々のゆとり、などが出来なくなります。

こうなると何の為に家を持ってるのか??

解らなくなりますもんね。汗

【家づくり】理想と現実の狭間で悩む時の解決方法

22336205_m

例えば、土地に1000万円。

家に2000万円、外構費に200万円、諸経費に300万円。

このような家づくりの計画をします。

合計で3500万円。

もしも、頭金が無かった場合には、3500万円の住宅ローンになります。

月々の返済は約10万円前後に。




これだけでは終わりません。

家を持つと「固定費」が発生します。

年間で約10万円の固定資産税。

年間で約2万円の火災保険。

年間で約12万円のメンテナンス費用の貯金。

あと、家電も必ず壊れますので。汗

その買い替え費用も考える必要があります。

これらの費用も考えると、賃貸に比べて月々3万円ほどの費用が必要に。

もしも、現在の家賃が7万円だと・・・

一気に、5~6万円ほどの負担が一気に上がります。

これでもやっていけますか??

共働きだから大丈夫

普通に考えれば厳しいですよね。汗

僕だったら小遣いの減少は避けられません。

しかし、多くの方はバランスの悪い予算設定のまま、家づくりをしてしまいます。

その理由は・・・


共働きだから大丈夫。


ここが大きな要因です。

「これくらいなら大丈夫」

という根拠のない自身。


それは、友達から言われたのか?または、住宅会社から言われたのか?

それは、分かりませんが。

しかし、夫婦で収入を合算し、住宅ローンを借りれたとしても、このような家の買い方はオススメしません。




このブログでもお伝えしてますが、家を購入する時は「保険のメンテナンス時期」になります。

保険の見直しも含めて、家づくりにかける予算を算出するべきなんですね。

おおまかなイメージですが、保険の1~2万円圧縮し、さらに、家を2~3万円の予算を圧縮する。

そして、維持管理の費用を算出する。

または、保険の見直しで月々2万円が上がる、なので、家の予算を2万円圧縮する。

このようなイメージです。

家づくりを始める前にしか出来ない考え方です。

2~3万円ほど家の予算を圧縮すると、住宅ローンの借入額も減少します。

2500万円~2800万円ほどに。

そうすると、当初の予算よりも700万円~1000万円近くの予算を圧縮する必要があります。

それか、少しでも多くの自己資金を準備する。




でも、ここまでの自己資金はちょっと・・・

ここまで大きな自己資金は難しいですよね。汗

それだと、家づくりの予算を大幅に圧縮する必要があります。

さすがに無理か・・・

ちょっと諦めたくなりますが。

でも、その知識さえ持ってれば可能だと思います。



土地の予算を合理的に圧縮する方法

家の予算を合理的に圧縮する方法

庭の予算を合理的に圧縮する方法

この3つの知識が大事になります。



予算を圧縮しても、あなたの暮らしを貧しくすることもありません。

むしろ、お金を無駄にかけた人よりも、ずっと豊かな暮らしが可能になるでしょう。

そして、経済的な不安も解消され、経済的な安定とともに、心の安定も手に入れて暮らしていくと思います。

良かったら参考にして下さいね!!

一覧へ戻る