テラス・ウッドデッキが暮らしを豊かにする理由

DSC_7319

こんにちは。

連休の不摂生の影響なのか!?

体重が増加傾向の タカシマ です。

なので、息子と3キロほどのランニングに行くんですが、息子のスピードにビックリ。

たぶん・・・来年にはついていけませんね・・・汗

子供の成長は早いもんですね。




今回は「テラス・ウッドデッキが暮らしを豊かにする理由」について。

僕の自宅にも小さなテラスがあります。

小さなスペースですが、本当に重宝してる部分。

たまに、ホットプレートを外に出して晩御飯を食べたり、家族や友人とBBQをしたり、夏は子供たちを遊ばす為にプールを出したり。

僕は夜になるとビールを片手に、ボ~っとしたり。

これが、リフレッシュになったりします。




そんな重宝している、テラス、ウッドデッキがより使いやすくなるように。

知っていて欲しい部分を紹介しますね!!

テラス・ウッドデッキが暮らしを豊かにする理由

DSC_7319

まず、ウッドデッキを紹介しますね!

ウッドデッキは大きく分けると、2つの種類があります。

・本物の木でつくるウッドデッキ

・本物風でつくるウッドデッキ

どちらが好きか?自分に合ってるのか?を知っておくとベストですよね!





まずは、本物の無垢材でつくるウッドデッキ。

外は過酷な状況なんですね。

常に太陽の紫外線、熱を浴びます。

さらに、雨も降れば、雪も降りますので。

なので、木の反り、伸縮は当然だけどあります。

そして、塗装の剥げも・・・

これが、無垢材でつくるウッドデッキのデメリット。

メンテナンスは必須になります。

DIYが好きな方にはベストかも!?

僕も嫌いじゃないので。




あ~、めんどいな~。

って、思いますよね。

しかし、本物の木には、本物の木にしかない「カッコイイ」があります。

これは、無垢材にしか出せない味というか、雰囲気なんですよね!

面倒な部分も多いけど、個人的には本物の木を使って欲しいな。

って、思いまして。

個人的には本物の木を提案しています!

本物風のウッドデッキ

なんとなく想像がつくと思います。

メーカーから発売されてる、樹脂製のウッドデッキ。

最大の特徴は「メンテナンスフリー」な部分。

反ったり、伸縮、色褪せ、の経年劣化に強いんですね。

100%ないか!?というと、そんな事もありません。

多少の経年劣化はあります。




ただ、仕上がりは「本物風」なので・・・

やはり違和感を感じます。

安っぽいというか。汗

実際は、かなり高額商品なんですけどね。

デッキ・テラスで一番大事にする部分

種類も大事なんですけど、設置する場所が凄い大事。

一番大事なのは・・・

使えるテラス、ウッドデッキなのか!?

ここなんですよね。

はっ!?使えんデッキは作る意味がないやん。

って、思って当然ですが。汗

でも、実際にあるんですね。

それは、近隣から見えるか?見えないか?

ここまで考えて、デッキの位置は考えてなかったりします。




例えば、道路に面してデッキをつくります。

かつフルオープンです!!

これって、凄い使いにくいと思いませんか??

だって・・・まわりから丸見えなので。

丸見えだと、BBQもしにくいもんです。




それなら、周りの視線を感じない場所につくったら!?

そう!

そこが大事なんだけど、日当たりが悪い、景色が悪い、と使いににくい。




なので、デッキ、テラス、をつくる時には、使いやすいか?

そして、もう1つ。

使いたいと思えるのか??

この2つを大事にして、デッキ・テラス、計画を考えてみては、どうでしょうか??

良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る