平屋を建てる時に気になる4つの懸念点と対処法

IMG_5659_02

こんにちは。

この週末は小松市でオープンハウスを開催します!

おかげさまで予約が満席に。

本当にありがとうございます!!

1つでも家づくりの参考になるように、自分の持てる知識をフル活用して対応しますので!!

来場される皆様は楽しみにしてて下さいね。

1つ心配がありまして・・・

朝から夕方まで予定がパンパンなので。汗

トイレをどうしようか??

凄い心配してる タカシマ です。汗

途中で・・・もよおしたら・・・すいません!!



今回は「平屋を検討する時に懸念される4つのポイント」を紹介します。

基本的に家づくりは平屋から始まると思ってますし、敷地に平屋が入るなら平屋から計画するのがベストだと。

このブログでは伝えてます。

理由は、ライフスタイルが変化しても暮らしやすい家が平屋だから。

最後は夫婦2人になるわけですしね。

あまりに大きな家は必要ない。って思うんです。


しかし、平屋にはメリットもあるけど、デメリットもあります。

そんな平屋のデメリットにフォーカスしてみたいと思います。

平屋を建てる時に気になる4つの懸念点と対処法

IMG_5659_02

まず1つ。

僕が一番、質問される平屋の疑問。

平屋って高いですよね!?

ここです。


僕もそうだったけど、多くの人は2階建てをベースに家づくりを考えます。

住宅会社の見学会に行けば、平屋は高いですよ!!って言われますし・・・

なので、平屋は高いから。って理由で、選択肢から外れるんですね。



土地が広くないとダメ!?

ここも良く質問を受けます。

平屋を建てるとなると、90坪ぐらいの敷地が必要ですよね!?って。

特に、土地探しからのお客様から質問を受けるので、不動産屋に教えて貰ってるんだと思います。



近隣を家に囲まれてるから・・・

確かに気になりますよね。

特に周囲を2階建てで囲まれてたら、1階しかない平屋は暗くなるんじゃ!?

これは、結構あってて・・・

その場合には、光の取り込み方を工夫しないと・・・

やっぱり家の中は暗くなります。

ここは注意が必要なポイント。



もしも、川が決壊したら・・・

僕も川の近くに住んでますが、増水時は本当にビビります。

携帯から目が離せなくなりますし。汗



さらに、平屋だったら洪水が起きた時には逃げれなくなるんじゃ!?

って、災害の不安もありますよね。

4つの懸念点の対処法とは!?

3909237d5db6f8520de9734368368cd1_t

これが、僕がよく聞かれる質問、または、不安な部分。

確かに難しい問題もあるけど、1~3に関しては「誤解」だと。

個人的に思うんですよね。



まず、平屋は高い!?

ここですが、自分にとって不要だと思う部分、無駄だと思う部分を削る。

その結果、余分なコストがカットできます。

ただ、あれもこれも要望を取り入れた平屋になるから、金額が高くなるんですよね。

必要な部分は残し、家をコンパクトにする。



例えば、2階建て。

1階に和室が欲しくなります。

その理由は、1階にはLDKしかないから。

子供の遊ぶスペース、来客時のスペースも必要ですしね。



でも、全ての部屋が1階にある平屋には和室は必要でしょうか??

僕は、必要ないと思うんですよね。

使ってない子供部屋を和室の代わりに使えばいいから。



さらに、2階建ての場合には廊下が多く出来ます。

平屋にすれば、この廊下は大幅にカットしやすくなります。

部屋の広さも同じでして。

寝室も、子供部屋も、極論を言うと・・・

ただ寝るだけの部屋です。

その部屋に広さは必要でしょうか??



このようは事を考えていくと、暮らしやすさ、使い勝手を損ねることなく、2階建てと同じ価格。

いや、それより安い価格でも平屋を検討する事は可能なんですね!!

さらに、家がコンパクトになれば連動する部分が!!

そう・・・


土地の広さです。


家がコンパクトになれば60坪前後でも、問題なく平屋を建てれます。

よくある分譲地でも全く問題ありません。



でも・・・近隣を2階建てに囲まれた場合は!?

そうですよね。

どうやって回避するのか??



この答えですが、日当たりの良い土地を買えばいいんじゃ!?

って、簡単な答えですが。

でも、これが本当の答えじゃありません。



日当りが良い方向に大きな窓をつくれば、家の中が丸見えになります。

なので、カーテンを閉め切るんですが、カーテンが閉まれば太陽の光は入ってきません。汗

日当りが良い土地だから、明るい空間になる!とは限らないんですね。



ここで大事なポイント。

それは、土地の周辺環境に合わせて設計する。

つまり、先ほどの土地だと外から丸見えにならないようにしつつ、光を確保する為には!?どうしたらいいのか!?

ここを考える必要があります。



なかなか難しいですよね。

しかし、ここが出来たら・・・

土地の良い、悪い、に関わらず、どんな土地でも明るく、開放的な家を建てる事が可能だし、周囲が囲まれても大丈夫です!!



なので、世間一般で言われる平屋の懸念点。

実は、ほぼ全てが設計で解決可能だったりします。

このような事も理解して頂いて、家づくりを計画して頂ければと思います!!

良かったら参考にして下さいね!!

一覧へ戻る