資金計画をする前に知って欲しい大事なポイント

5184020_m

こんにちは。

朝起きたらビックリするぐらいの雪。

今シーズンで一番だったんじゃ!?

それでも現場で頑張ってくれる職人さんには感謝です!!

みんなに助けられてる。

そんな気持ちを大事にしたい タカシマ です。



今回は「資金計画をする前に知って欲しい大事なポイント」について。

僕は家づくりで一番大事なポイントだと思う資金計画。

家づくりを検討する時には、必ず予算があります。

予算が無かったら、何の不安もないし、悩みも無いと思います。

しかし、誰にも「予算」があります。

その予算の中で、希望を叶えようと思うから。

家づくりって、難しくなるんですよね・・・




その為に大事なポイントが資金計画だと思いまして。

資金計画をする前に知っていて欲しいポイントを紹介しますね!!

資金計画をする前に知って欲しい大事なポイント

5184020_m

まずは、今の年収が永遠に続く。

または、給料が右肩上がりで上がっていく。

これは、幻想だと思ってまして・・・

なかなか、思うようには行きませんよね。




その理由ですが、僕たちが支払う社会保険料ですが・・・

高齢化社会の日本では、その負担がどんどんと増えています。

これは、皆さんが知ってる事実。

しかし、情報は入るけど、実感はありません。




例えば、厚生年金の保険料。

2004年の13.58%から段階的に引上げられて、現在は18%ほどに。

この費用はどうなってるか!?知ってますか??

そう。

給料から天引きされてます。

給料から天引きって、あまり実感がありませんよね。

僕も同じです。

納付しにくい手間もないので。汗

気になるのは手取り金額だけですしね。

でも、実際は、給料が増えても、天引きも増えてるので。

全く手取り金額が上がらない・・・

そんなイメージです。

今後の負担は・・・

今後はどうなるのか!?

心配になりますよね・・・

国は、今のところ厚生年金の保険料を固定すると発表しています。

しかし、一方では・・・

少子高齢化が進む日本では、これも難しいとも言われてます。

確かにそうですよね。

今後、20年あまりの社会保障の伸びを考えると、雇用保険、労災保険、社会保険、の利率は40%まで上昇するとも言われてます。

結果的には、給料からの天引きが20%となり、今よりも5%ほど手取りが減る計算に。汗




まじか~。

給料が上がっても、手取りが増えになんて。汗

なかなか厄介なんですが。

さらに厄介なことがありまして。

この負担は会社にも同様にのしかかるので。

給料自体を上げにくくなるんですね。




そして、年金問題。

あなたは、年金が貰えると思いますか??

僕は諦めてたりします。

マジで・・・

2040年には、2割は減るだろうと言われてます。

まだ、年金を貰える年齢にはならないし。




ここで、大事なこと。

それは、給料が上がらない、手取りは減る。

でも、その中でも老後の貯金をする必要がある。

ここなんですね!!




それか、65歳で引退せずに、70歳、75歳と働くという選択。

これも1つです。

ただ、健康か!?

これは、誰にも解りません。汗

このような将来も想定して、家づくりにかける予算を算出する事が大事だと思ってます。

今のことだけを考えない。

未来にも考えた資金計画を、是非とも大事にして下さい!!

良かったら参考にして下さいね。

一覧へ戻る