「広い土地=2階建て」の相性が悪い理由とは!?

4642118_m

こんにちは。

日中は暖かくなってきましたよね!

冬は全く動かないんですが、春になるとランニングを始める タカシマ です。

一応、42歳なので。汗

適度な運動も大事ですしね。

ただ、スピードはめっちゃ遅いですが。汗




今回は「広い土地=2階建ての相性が悪い理由」について。

僕の住む石川県小松市。

都会か!?というと・・・

田舎になります。

なので、土地も広い土地が多いエリアだったりします。

お客様が求める土地は60坪以上が多いのかな~。

ここに明確な理由はないけど、何となく60坪以下だと狭く感じちゃうみたい。




ただ、個人的には、出来るだけ土地はコンパクトにするべきだと思ってます。

というのも、家づくりの終盤で確実に理想と現実のギャップに苦しみます。

具体的に言うと・・・

外構問題なんですね。

この外構の金額調整に頭を悩ませます。

「広い土地=2階建て」の相性が悪い理由とは!?

4642118_m

そうなんです。

外構工事は思った以上に高いのが現実。

これは、リフォーム工事にもあるんですが・・・

何となく、これぐらいで出来るだろう。

って、思い込み。

これは、僕にもあります。汗

しかし、安易に考えてたら思った金額の1.5倍、2倍ほどかかったり。

50万円ほどだろう。って、思ってたら100万円の見積りがきたことも。

この時は、かなり焦りました。汗

なので、これからお伝えする事を意識しながら、現実とのギャップが生まれないように工夫しましょう!!

土地はコンパクトにする

一番大事なポイント。

それは、無駄に大きな土地を買わない。

その為に、資金計画をし、土地の予算を具体的に決める。

かつ、どんな家にしたいのか??

このバランスを考えながら、土地探しをする。って、大事ですよね!!




こうすれば、建てたい家にフィットする、土地を買いやすくなります。

無駄に土地が余れば、管理も大変になるので。

特に雑草問題は・・・




そして、もう1つ大事なポイント。

それは、土地に無駄な余白をつくらない。

このように家を設計する事が大事です。

例えば、平屋が建てれる土地なのに、わざわざ2階建てを建てる。

2階建ての方が1階が小さいので、土地の余白が広くなります。

すると、外構工事に必要な費用もアップしますので。汗




住みやすさ、使いやすさ、機能面、耐震性、耐久性、温熱環境。

性能面に関しても、平屋の方が圧倒的にスペックが高いと思ってます。

土地探しをする前には、どんな家を建てたいのか!?

それに合わせて土地探しをする。

この順番を守ることが大事!!




庭の工事面積を小さくすると、思ってた金額に近い工事が可能になります。

それは、無駄な外構工事が無くなるから。

駐車スペースのコンクリート、または、砂利。

この2つだけで外構を考えておけば、そこまで大きな狂いは生じないので。

外構工事も考えながら、土地探しを進める。

最悪なのは、大きな土地に2階建てを建てる。

無駄に土地を余らせて、外構工事にコストがかかる。

これは非合理的なので。

ここだけは注意して頂ければと思います!

良かったら参考にして下さいね。

一覧へ戻る