えっ!?南向きの土地にデメリットなんてあるの??

1287425_m

こんにちは。

週末はオープンハウス、月曜日から水曜日までは打合せがビッシリ。汗

今日はデスクに齧りついてワークに励む タカシマ です。

そんなお供はMROラジオなんです。

ええ。ラジオはAM派なんですね。(笑)




色々な方角の土地を紹介してきました!

今回でラスト。

南向きの土地のメリット・デメリットを紹介しますね。

土地探しで人気な「南向き」ですが、デメリットなんてあるの!?って感じですよね。

日当りは抜群な訳だし・・・

さらに、間取りの自由度も高く、開放的な外観を計画しやすい。

これが、南向きの代表的なメリット。

えっ!?南向きの土地にデメリットなんてあるの??

1287425_m

大きなメリットのある、南向きの土地ですが・・・

デメリットも確実に存在します。

南向きの土地は、日当たりが良いという恩恵を受ける為に、基本的に南側に居室を配置します。

そして、その居室には大きな窓を配置しますよね!?

やっぱり、南向きの光を入れたいので。



その大きな窓からは、明るい光が入ってくるはず!?

だったのに・・・

外からの視線が気になり、カーテンを設置すると・・・

その窓から採光を確保するのが難しくなります。汗



また、直射日光が入ってくると・・・

部屋の中は暑くなりし、テレビに光が反射して見えにくくなります。

そして、紫外線。

この紫外線の影響で、床や家具が焼けやすくなるんです。

このような影響もあり、余計にカーテンを閉め切る空間になりやすくなる。

明るいはずの南向きが、暗い空間になるんですね。


間取の自由度は本当に高いの??

南向きの土地を購入した、80%の方。いや、90%以上の方は、南側に居室を配置します。

南面に居室を配置しやすいので。

その居室とは、LDK、和室、などなど。

家族が集まる部屋ですよね。

その部屋には、大きな窓の配置を前提に間取りを計画します。



つまり、南向きの土地を購入した時点で、ある程度間取りが決まってしまう。

って、感じなんですね。

そう考えると、間取りの自由度は、逆に低いとも考えられます。

防犯性能に問題が出るケースも

南向きの土地は、南側に居住スペースがあり、さらに大きな窓が配置されてます。

これは、ある意味ですが、防犯性能が高い家でもあります。

外から家の中が丸見えになり、凄いオープンな家になります。

家の中でゴソゴソと物色してたら、外から丸見えになるので。汗

泥棒もやりにくいですよね。(笑)



でも、逆に、泥棒は窓の位置で簡単に間取りを把握できます。

大きな窓が並んでるので。

その窓を隠す為に、目隠しや塀をつくってしまうと・・・

逆に外から見えなくなるけど、防犯性能も悪くなってしまいます。



なので、防犯性能の高さを維持するためには、プライバシーを犠牲にする覚悟が必要に。

あるいは、カーテンを閉め切った、薄暗い家に住み続ける覚悟が必要。

なかなか、難しい覚悟ですよね。汗

開放的な外観とは!?

IMG_5659_02

リビングから、外を眺めることができる。

さらに、庭や緑を眺める事ができる。かつ、視覚的に空間の広がりを感じられる。

開放感がたっぷりの室内をつくれば、毎日を心地よく過ごす事ができると思います。



しかし、この空間をつくることと、外観の開放感は一切関係がありません。

外観が開放的だと、近隣からの視線が気になる、カーテンが必要になるからです。

なので、外や空を見る事ができるようにする為には!?

そもそも、カーテンが必要の無い窓をつくる必要があります。

実は、これが一番難しいんですね。

なので、こういった点も冷静に考えて頂き、土地を選ぶ事が大事ですよね!



個人的には・・・

南向きの土地は価格も高いし、間取りも自由にならないので。

一番、選ばない方がいい。って思ってます。

ここは注意して欲しいな。


良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る