世帯年収400万円の家づくりとは!?

23092734_m

こんにちは。

月曜日の昼から息子と一緒にサッカー、そして、その後は家族で散歩。

次の日は筋肉痛になるかと・・・

顕著な運動不足を感じてる タカシマ です。




今回は「世帯年収400万円での家づくり」について。

こんなデータを目にしました。

2017年の世帯年収に分布データがあります。

その、内容を見てみると・・・

年収300万円代の世帯が突出して多く、全体の約41%にもなります。




実質、賃金も20年間で約13%も下がってるとか。

1995年は550万円もあった世帯年収。

2017年には423万円も下がり。

さらに、貯金が出来ない世帯も30%も超えてるとか。

この中で家づくりをするのは、なかなか大変でして・・・

世帯年収400万円の家づくりとは!?

23092734_m

その理由の大きな要因の1つ。

それは、非正規雇用の増加になります。

この20年間で倍増しているとのデータも。

これは、地方公務員にも影響があり、非正規雇用割合が11年間で約40%増加し、年収は約3分の1になり、昇給もボーナスもない。

天下の公務員でも、このような状況に。

そう思うと、本当に厳しい時代ですよね。汗




こんな厳しい時代で、どのように家を計画すればいいのか??

難しいですよね~。

本当に家は持てるのか!?って、不安にもなります。

しかし、家庭を持ち、子供が生まれ、家族が増えれば、誰もがマイホームを持ちたくなります。

ただ、まわりの友達のように、土地を買い、家を建てる、のは、やめた方がいいと思います。




返済能力以上にお金を借り、ローンを返済するだけでいっぱいに。

確実に貯金はできない。

そんな中で、予想できない事が起こったら!?

たちどころに家を手放す可能性も高くなります。




もしも、何とか家を守ることができても。

貯金ができなければ、子供の大学進学は諦めることになります。

それか、奨学金の活用。

それいじょうに不安を抱えながら暮らすって凄いストレスになります。

老後も不安定になりますしね。




なので、最も大きな固定費となる「住宅ローン」は収入に見合った金額にする。

ここが家づくりで一番大切なことだと思ってます。

その為には、常識や当たり前に捉われない。

ここが大事なポイントですよね!!



その為には、自分に合ったベストな予算を資金計画から導きだす。

まずは、ここから始めましょう!!

そして、周りや常識を気にしない。

これを徹底して貰えたらと思います!

良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る