目先の事だけを考えて、家を建てたら失敗する理由とは!?

4923576_m

こんにちは。

最近は朝食をプロテインに変えました。

特に筋トレとかしてないんですが、タンパク質を補う為にも健康にいいみたいで。

40歳を超えると健康が気になる タカシマ です。汗

やっぱり60代までは現役で若く現役で頑張りたいので。(笑)



今回は「目先の事だけを考えて、家を建てたら失敗する理由」を紹介します。

僕もそうだけど、基本的には家族の人数が一番多い時に家が欲しくなります。

さらに、子供が小さな時ですよね。

アパートだと、子育ても大変ですしね・・・



でも、60歳を超えたお客様から家づくりの相談を受けた場合には、住宅会社は当たり前のように平屋をすすめます。

しかし、子育て世代の方の家づくりでは、当たり前のように2階建てをすすめます。

そりゃ~、当たり前やろ!!

って、声も聞こえてきそうですが。汗

これが、本当に正しい提案なのか!?

個人的には疑問だったりします。



その理由ですが・・・

子育て世代の方も、いずれは子育ても終わり、子供達は巣立ち、夫婦2人だけになるので。

その先ものことまで考えて、間取りを作成した方が合理的だと思います。

2階の子供部屋は空き部屋になるけど、歳を取ってから2階の子供部屋を収納にしよう!!

とは、なかなか思えません。

ただ、物置にはなるけど。汗

なので、1階の収納が不足するのを理由に増築工事をすると・・・

大切な老後の資金を失います。

目先の事だけを考えて、家を建てたら失敗する理由とは!?

4923576_m

では、なぜ!?住宅会社は2階建てを提案するのか??

それは、住宅会社も目先の事だけを考えて、間取りを考えちゃうから。

階段があるのは、当たり前だし、若い時は苦労もしません。

親は子供達に広い子供部屋を与えたいと思ってるし、家を言えば2階建てが普通。って、先入観が刷り込まれてます。

僕も同じで・・・2階建てが普通だと思ってました・・・

まして、平屋なんて選択肢は無かったので、自宅は2階建てなんですね。汗



でも、現実は・・・

2階につくった子供部屋は小学校1年になっても空き部屋だし、子供も成長し、巣立っていけば空き部屋に・・・

自分たちも年齢を重ねれば、階段の昇り降りが確実にしんどくなるので。汗

将来的な暮らしまで考慮した提案が大切に!!

家を建てる時には、最初にかかる建築コストに目を向けてしまいます。

そりゃ~、気になって当然ですよね。汗

住宅ローンの返済額に直結するので。

しかし、もう1つ大事なことがあります!

家は生涯にわたって維持していきますよね。

やはり、ランニングコストもしっかりと目を向けないとダメなんですね!



生涯のローンとも言われる「光熱費」はもちろん!

家と土地、両方にかかる固定資産税。

外壁の劣化を防ぐ為の修繕費用。

何十年に必要になる、リフォーム費用など。

このような事を考えてみると・・・

平屋という選択肢が非常に合理的になります!



平屋にすれば・・・

全ての部屋と収納が1階に集約されるので、老後になっても部屋や収納に困る事がありません。

なので、老後に家を増築する事も無くなりますし。


そして、外部のメンテナンス。

外壁の張替え、塗替え工事の際も、外部の足場を組む必要がありません。

足場にかかるコストを抑える事が可能に。



つまり、歳をとっても住みやすいだけじゃなく、歳をとってからの出費を最小限にしてくれる。

それが、「平屋」になるんですね。




もちろん!今の生活も大事です!

しかし、今だけじゃなく、必ずやってくる「老後」も見据えた上で、家づくりをして頂けたらと思います!

良かったら参考にして下さいね!

一覧へ戻る